ホーム > ブログ > 住田町の地元材を使った仮設住宅

住田町の地元材を使った仮設住宅

大船渡市と同じ気仙地方の気仙郡住田町に、地元ならではの仮設住宅ができました。

お店の用事がてらに立ち寄ってきましたので、その時の様子の写真を紹介したいと思います。

大船渡市と違って海に面していない住田町は、「林業日本一の町づくり」を町の施策にかかげているように林業に力を入れている地域です。

そんな住田町に建てられた仮設住宅は、全て住田町の地元材をふんだんに使った、ちょっと見た目にもお洒落な一戸建てになっています。

20110606_1.jpg

 風通しが良くて、住み心地がよさそう。

 20110606_2.jpg

20110606_3.jpg

地元の中学生が作成したという、手作りポストもありました。

20110606_4.jpg

 

町からはちょっと離れていて少し買い物には不便ですが、この住宅の雰囲気や周りの山の空気などとても環境が良く、ここでの生活は皆さんの健康を取り戻せそうな気がしました。

震災で病んだ心と身体が、住田の綺麗な空気と緑で癒されますように!!

2011年6月 7日 くすりのタカギ

TEL/FAX:0192-27-2585

〒022-0003 岩手県大船渡市盛町字木町11-3